以前の記事
2011年 10月
2011年 07月
2011年 06月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
カテゴリ
全体
悩むより行動!
絶対ネットで起業する!
知識が人生を救う!
未分類
お気に入りブログ
創作工房 さねんばな
奄美ICTブログ 前田守
奄美の風愛の風輝くブログ...
スピリチュアル・アイランド
おもしろい!あまみ
奇跡のセルライト除去で体...
奄美、眼鏡屋のおやじの釣り日記
奄美を着てみませんか?
奄美のおみやげ屋のみやげ話
ikezi.m
奄美のお月さま~ぶどう館...
奄美で感じる、アジア手作...
奄美の希少植物
カンキツの王様、奄美の‘...
奄美の社会保険労務士事務所
奄美イケル!@奄美市IT人材塾
日々仕事の本質は掴めているか
奄美大島発「零細企業の業...
頑固一徹、気は優しい、黒...
めぐみショップのブログ
IT経験者の独り言・・・...
satoyama
奄美での経営塾編
サッカーショップリベロ店...


カテゴリ:未分類( 120 )

というかサイト自体のビジネスモデルを変えないとならなくなった

ということで

不動産業をやっている方と
飲んだのだが

やはり地元業者から
お金を頂くと言うのは

いけないとのこと

ビジネスモデルを変えざるを
えなくなった

不動産サイトを無料から有料へ
変える


理由は

1、限られた地域でのビジネスなので
収入が限られている

2、宅建免許を持っていないので
いくら客連れてきてもブローカー扱い

3、地元業者は40社、島外の客は無尽蔵
どちらを相手にした方がいいか


の3点を指摘される


やはり地元業者の話は参考になる

そういうわけで
チラシも作り直さなければならなくなった

200枚も刷ったのに
あほらしい・・・・

まあ、失敗は成功の元か
[PR]
by mori2006 | 2011-10-14 11:58

愚痴ってばかりじゃ時間がもったいない

ということで

地元住民に知ってもらうべく
当サイトのチラシをエリア配布しよう

誰もがネット環境が充実しているわけでは
ないわけで

そんな方にも知っていただきたい

drmaedaさんの手書きチラシノウハウを
使って配布しようかなあ

しかし、IT起業塾も懐かしいなあ・・
学んだことは確かに起業に向けて役立った

ということで
作ったヤツが

大きさがA5で両面印刷

f0116847_9135074.jpg


f0116847_9141152.jpg

[PR]
by mori2006 | 2011-10-06 16:16

時間は誰にでも平等であり、お金では変えないもの

最近葬式に2週連続で出席

天寿を全うした方(90代)と
まだ若い年齢(40~50代)で亡くなった方

お通夜で棺に入っているご遺体を見ると
まるでスヤスヤと眠っているかのようだ

このような場面にいると

どのような思いで死んでいったのだろうか
と考えざるをえない



自分に置き換えて、
ふと、想像してみた


フワリフワりと、なぜか体が浮いている

目の前がやけに明るく
よく見ると天井に取り付けてある蛍光灯・・

ふと、下を見ると自分の体が棺に入っている
自分で自分を見下ろしているとは、なかなか奇妙なものだ

棺の周囲を取り囲んだ人たちが暗い顔をしている
ハンカチを目に当てて、泣いている人もいるようだ

妻や妻のご両親、そして、まだ幼い娘が泣いていて
そして兄弟、友人達が目を潤ませている・・




そんな場面を想像しながら
ふと考える


さて


私はこれまで生きてきて
何を成したのだろうか

どれだけ人々の役に
たったのだろうか

限られた時間を
精一杯生きたのだろうか



この自分自身の問いには

自信を持って
はっきりと答えることが出来なかった

努力不足は否めない

しかし、はたしてそんな人間なんているのだろうか
全てに満足行った人生なんてありえるのだろうか


いずれ私もあの世へ
行くのだけれど


後悔する生き方だけはしたくない
失敗してもいいからチャレンジはしていきたい

それぐらいだろうか
今言えることは


とにもかくにも死んだら終わり

一寸先も見えない未来と共に
精一杯今を生きていくしかない


願えば望みは叶うのだろうか

努力が間違った方向へ行っていた場合は
どうすればいいのか



「ウォール・ストリート」というDVDを見た

冷酷卑劣なやり方でのし上がった証券マン「ゴードン・ゲッコー」が
最後に選んだのは・・・・

汚い方法で稼いだ金と
実の娘の子供(孫)と過ごす時間を交換することだった

時間は貴重なものだ、お金には返られない・・・


今の自分は人生を有意義に過ごしているのだろうか?
[PR]
by mori2006 | 2011-10-06 01:37

一人でモニターを見つめていると・・・

いろいろと考える

いいこと、悪いこと

自分の人生のこと

今の道が間違いなのではないのか
ネット起業をしたのは間違いではなかったのか

家族もいるし、子供も小さいし
歳も歳だし

しかしながら、自分がなぜ起業をしたのか

いろいろ考えて出た答えが次の4つ

1、この世に生まれてきた理由は何なのだろうか
2、自分に可能性があるのではないだろうか、、試したい
3、あとあと後悔したくない
4、起業できるのは今しかないかもしれない


自分なりに積み上げてきた知識や経験があるし
もちろんネット起業に自信はそれなりにあったのだけれど

いまや自信も完全崩壊気味・・・

まあ、少しは
お客は来ているのだが収入に直結しない

とてもまともに食べていける状態ではなく
貯金を崩しながら日々を過ごしている



成功しているわけでもなく
周囲の友人や知人に自信を持って話すこともなく

また、自然と誰とも会いたくなくなる

そしてとてつもない孤独感に襲われる


それの繰り返しなのかなあ・・


一人モニターを見続けてはため息ばかり・・


しかしながら冷静に見てみると

確かに努力は足りないし
todoリストを見るとやらなければならないことが
まだたっぷりある


で、なんとか、
「頑張らないといけない・・。」

と、自分を奮い立たせるのに必死

それが今の現実だ



独立開業して一番つらいのは

とてつもない孤独感が襲ってくる事だ
頭がおかしくなりそうなときもある

家族がいて良かったとつくづく思う
本当に一人だと

おかしくなっていおたかもしれないと思う



普通の集団から離れている孤独と
飯を食っていけるのか?結果を出さないといけない孤独は

180度違う

後者は戦いである

開業して5ヶ月・・・

果たして戦いに勝てるのだろうか?



それとも・・・
[PR]
by mori2006 | 2011-10-03 16:56

不動産賃貸情報を無料で紹介する理由

つまるところ

まあ、全国的な地方の流れだけど

少子高齢化が
超ハイスピードで進んでいるわけで

このままいくと奄美は
限界集落が増えるばかり・・・・



島外への人口流失<島外からの人が流入
という構図にしないと

奄美大島の活気・元気は
生まれてこないと思うわけで

今のままでいいと思う人は
一人もいないはず・・・・



離島という宿命を持つ奄美は
島内経済が限られている中

どうしても、というか絶対
外貨を稼がなきゃいけないわけで

んで、

外貨を稼ぐ大事な方法の一つとして
観光が重要な位置を占めているのは確かだけれど

2、3泊する程度の観光客は
一時的にお金を落とすけれど

落とす金額もそれぞれまちまちで
なおかつ継続的には落としていかないわけで・・



40過ぎて

そろそろ地域貢献を考えなきゃいけない
歳になった私は考える

(地域貢献というと、きれいごとと思うかもしれないが
私自身子供がいるし、将来自分の子供が経済的にも
暮らしたい地域にしないといけないと強く思う)

少子高齢化のスピードを鈍らせ
また、外貨獲得を目指す

この二つを同時に解決する
方法の一つとして


”奄美大島に興味を持っている人(観光客も含め)対称に
一定期間、集落や村、街、に住まわせることにより、
地元への人口増と経済的還元を狙う”


を思いつく



まあ、自分で考えてみたのだが
本当にやれるか、かなり不安・・・・・

というか、人生1回かぎりなので
チャレンジすることにした

家のワイフもしぶしぶ了承・・






奄美へ住んでみたい人は必ずいると思う
必ずその需要はあると思う

1、災害等により都会からの移住者も
増える可能性がある(実際問い合わせがあった)

2、2地域居住の将来的マーケットも見逃せない

(2地域居住とは、都市生活者が
一定期間田舎暮らしをするライフスタイル
仕事は都会、休日は田舎など
国土交通省は、2地域居住について
数兆円規模の市場が存在すると述べている)



銀座通り東入り口の喫茶店
いまはない「バロウズ」のご主人も
確か生まれは・・・




しかしながら

奄美へ来たいのだけれど
やはり容易に来れない理由があるわけで

その一つが地元での賃貸住居お探し
(物件探しだけで高い航空運賃使うかなあ・・
まあ、地元の知り合いに代理を頼めればいいが、
仕事しながらなので、なかなか頼みにくい)


この情報過多時代
奄美へ住んでみたい方は
まずネットで情報収集する



そこで、次の3つの問題にぶちあたる


1、島内の不動産会社のサイトは35以上
奄美に住んでみたい方は一つ一つサイトをチェックするだろうか?
急いでいる人こそんな暇はない!イライラする!
入り口を一本化すればいいのに・・・

2、ホームページに掲載している物件は
すでに取引済だったり、優良物件は地元住民優先だったり
ホームページを見るだけでは分からない情報もある

3、地元に自分の代わりに
動いてくれる人がいてくれるといいのに!
新鮮な情報が取得できるはずなのに!

とまあ、

島外(島内でも)から問い合わせる方は
この3つのハードルがある

んで、

その3つを解決すべく
たくさんの人が奄美へ住んでもらうがごとく

不動産サイトを立ち上げたのであるが・・・

いろいろつらいこともあるが
やるっきゃない!
[PR]
by mori2006 | 2011-07-12 11:33

地域サービス業に絞って、開業。んで、1ヶ月半過ぎたが・・・

で、始めたのが、

観光ガイド業と
不動産賃貸情報紹介業

ともにサイトを開いて
現在運営中・・

運営方法は
PPC広告

金が掛かるのが
ネックと言えばネック

で、コスト掛けずに考えると
SEOでの上位表示があるが

先行者がもうすでに
ガチガチに作っているので

(ザッと見たところ、
リンク先の自作であろうページは文字ばかり
内容はゼロだ・・観光と関係ないし・・
クローラーもちゃんと読めよって感じ
ぜんぜん関係ない業種にリンクしてていてもいいのか?)

キーワードでのSEO上位表示は
難しいかな

で、現在はPPC広告で
某キーワードで1位

それにしても
金がかかるのがいやだなあ・・


でも、普通に独立するなら
激安だと思う

で、なんで、この二つを
開業したのかと言うと


外貨を持っている島外の方は
地域サービスを求めているから

それを3年前に発見
市場も結構大きい・・

はっきり言って、私は全く興味がなく
できればしたくないけど

島外の方が求めているから
やるしかないわけで


なんか最近疲れた・・・


観光業は初めてするんで
何からやればいいのか

まあ、ガイド用の講義を受けたし、
まったくのゼロと言うわけでもないけど



そのはじめての客がいよいよ
来週8日(金曜日)やってくる

大丈夫か、オレ・・
[PR]
by mori2006 | 2011-06-30 17:54

あけましておめでとうございます!で、例の税理士事務所での話。

ついに年が明けた

2010年か・・
どんな年になるんだろうなあ

なるんだろう・・・ではなくて
こうしてみせる!という思考に

しなくちゃいけないわけで

自分の人生は
自分が決めなきゃ

と今の仕事をやっていて
つくづく思う、これマジで


自分の願いは
必ず叶うはずだ

夢に向かって
ひたすら努力すべし



そんな中
ビビっときた英語の格言を見つけたので

しれっとご紹介

"even if you are on the right track、
you'll get run over if you just sit there."

                         will rogers

訳すと

"もし正しい道に立っていても、ただそこに立っているだけなら
あなたは車にひかれるだけだ"  byウィル・ロジャース


つまるところ

願っているだけで行動しなければ
何も得られない

という意味で

気持ちがいいぐらい
分かりやすい格言



ということで

個人事業(ネットのスモールビジネス)を
するにあたり

いろいろ情報収集をすることに決定





先日ちょっとした用事があり
地元の某税理士事務所へ出かける

顔見知りである担当の方と
いろいろ話をしている内に

ふっと頭に浮かんだ事を
サクっと質問してみる





私「あの~、ネットビジネスを始める場合は
どのような経理上の準備が必要なんすかね?」


彼「え~と、

お金の動きが分かる銀行や郵便局の通帳、
日々の現金出入りを記入する現金出納帳、
領収書をまとめたファイル。

この3つさえあれば、
私のところですぐ処理しますよ。」


私「え?これだけでいいんですか?」


彼「はい、
もし身内の方が会社を経営されていた場合など

あなたが社員、
または役員としての立場でも、

個人事業主ということでしたら、
すぐにでも単独で始めることができます。」


私「え?それじゃ帳簿上はどうなるんですか?」

彼「会社に属しているなら、
会社の営業ということで会社全体で一括処理されます。
その経理費用も会社から出す事ができます。

まったくの個人なら、青色申告書を書く方法を教えます。
自分で書くと年間65万円の控除にもなるんですよ。

ネットビジネス始めるのでしたら絶対一声掛けてくださいね~。」


とのこと



なるほど

最初からアウトソーシングで
やればいいのかなぁ・・


確かに帳簿付けは面倒だし
1から帳簿つける知識もない

かといって

それをやらなきゃ

ビジネスは上手く行っているのか
そうではないのか、が

分からないわけで




簿記の知識が皆無な私としては

"個人事業主向け
ネットビジネス専用経理DVDパッケージ"

アマゾンで販売しね~かなぁ
と思う

2010年の元旦であった
[PR]
by mori2006 | 2010-01-02 02:45

さっそくチラシを配布してきました!(結果報告編)

しかし
配布していて

一番のネックが
天気かなあ・・・


傘を持ちつつ

地図を見ながらチラシを
ポストに投函するって

結構大変



「お手伝いしましょうか?」



20代後半でボンキュッボンの

笑顔がキュートな加藤ローサ似の
女の子が手伝うわけもなく・・
(そりゃそーだろ!)

ひたすら小雨がぱらつく中
もくもくとポストへ投函・・


無我夢中で配布している中
いよいよ配布エリアの終わりが見えてきた

このあたりになると
俄然元気が出てくる



(もうすぐ終わるぞ・・)



そして

最後のポストへ
投函する


コトン


ふう、やっと終わったぜ・・




●チラシ配布結果報告●


えーとまず
かかった時間は

開始時刻  AM 11:20
終了時刻  PM 2:33

配布時間  3時間13分(休息なしノンストップ)


一人配布で
3時間ねえ・・

時間掛かりすぎかな

どうなんだろ
目安が分からん


まあ
複数人数でやれればいいけど

マニュアル作成や
配布方法を教えたりと
いろいろ面倒なことが多いんで

一人配布がベストかも



さらに

このチラシ配布は
継続性がとてつもなく大事


長い間
継続していくうちに
(最低でも3年間、月1回のペース)

単純接触効果の法則という
人間心理も加わり始める

何度もツラを合わせる続けると

配布先の人が
次第に親近感を持ち始める

ここで立ち話しながら
店舗の宣伝をすればいいかもしれない





そのうち
配布先の家の方と
顔見知りになって

玄関先に偶然出てきた
加藤ローサ似の女の子が


「よろしかったら、
お茶でもいかがですか?うふ♪」


という可能性もなくはない 
(チラシ配布の目的っていったい・・・)



さらにいろんな面で
効率を追求していくと
短時間で回れるようになるかな・・

んで

配布したエリアはここ

蛍光ペンで塗りながら
配布枚数も記入



f0116847_1401947.gif



で、反省点などは
配布終了後別用紙に即座に記入




f0116847_14194558.gif





これらをふまえ

次回チラシ配布の
計画を立てればいいかもしれない

これを繰り返す事により

効率的にスピーディーに
洗練されたチラシ配布が可能となる



●反省点●



「何のチラシ?」

と言う方も結構いたので


配布時の声掛けも
工夫が必要
かもしれない

「○○専門の○○店といいます。
チラシをご覧になりませんか?」

という具合かなあ

店舗先や事業所で
実際に人に配布する場合は

やっぱ店舗名を
言った方がよかったかも・・

なぜかというと
その分ターゲット客を絞れるから

喜んで受け取るようなら
何度も接触するうち

来店する可能性が高くなる

うまくいけば
その方を通して

口コミが働くかもしれない



そして配布日


これは週末の金土
がいいかもしれない


日曜日の配布エリアには
人が少ないし

閉まっている店舗が多い

これって機会損失
もったいない


さらに
分析も行わなければ

どのエリアから
どのくらいの人が来たのか

どれだけ反応があったのか
(反響数/配布枚数)

反応が弱い地域は
はなぜなのか

地域による反響率は
地区によって違うので
月次統計もとらなければいけない





●最後に●



しかし

初めて配布をして

いろいろ反省する点もあり
いい感じ!と思った点もあり

ん~、かなり勉強になった




おっと

そこのIT起業塾出身のあなた!

ドーナツほうばりながら
コーヒーを飲みかけのあなた!

そう、あなたです!


チラシ配布って


結構
楽しかっですよ~

いろんな人に合えるし
(加藤ローサには会えないけど)

未経験の方は
一度ご体験アレ~♪






追伸:

IT起業塾・人材塾・
レボリューション
の卒業生の方々
コメント下さいね

何か工夫していることなども
あったらガシガシコメント下さいませ~♪
[PR]
by mori2006 | 2009-11-28 14:40

さっそくチラシを配布してきました!(配布中篇)

チラシ配布日は
11月22日(日曜日)

前日酒飲み過ぎて
ちょっと二日酔い気味かなぁ・・


んで、スタート時間は
予定はAM10:00頃だったけど
だいぶ遅れてAM11:20



チラシ、地図、時計、蛍光ペン
らの所持品を確認し

よっしゃ、いっちょやったろやないかい~!
(なんで関西弁?)
と、鼻息荒く外に出てみたが


空はどんより曇りで
午後から雨が降るらしいとの天気予報

どんより曇るのは
浮気がばれた中年オヤジの顔色で十分なんだけどな・・


ま、う~ん、降ったら降ったでいいかな
無理やり自分を納得させ

左手のポスティングルート地図を見ながら
テクテク歩き出す

声を掛けて直接渡す場合は

「今チラシを配布しております。
よろしかったらご覧になりませんか?」

とあえて好き嫌いがあるかもしれないと思い
店名を言わずに渡す事にした




さて、

いざポスティングを始めてみたが・・・



●一戸建てはドキドキ●


ぶっちゃけ
何も悪い事はしていないのけれど

ポストにチラシを入れている時

「こら、ウチはチラシお断りやで!
何しとんねんワレ!」
(またもや、なぜか関西弁)

と、どなられたらどうしよう・・とか
考えたりする



まあ、確かに

他人様の住居エリアの近くへ
勝手に侵入していくわけなので

はっきり言って
ちょっとビビリ気味であるのは間違いない



一戸建てのポストは
廃棄される可能性は非常に低くなる

自分の家の前にチラシを
捨てるわけはないし

家の中に持って入り
重要の有無を判断する時に
他の家族が見る場合も出てくる


が、しかし
いろいろなパターンの
一戸建てもあり

なかなか
すべての一戸建てのポストに
投函できるというわけにはいかない



一戸建ての中には
玄関横のポスト前に

敷石やジャリが惹かれた
短い歩道があり

さらにその歩道の前に
門があった場合などは超ヤバイ

まずゆっくりス~ッと門をあけて
(もう、この時点でビクビク)

玄関まで敷き詰めているジャリ石を
ほんとにジャリジャリ・・音させながら

さらに"猛犬に注意"と
と玄関横に貼られた紙が横目に入り・・


そんな中


ポストへチラシを
投函しなきゃいけない

で、いきなり玄関口が開いたりして・・

ガチャ

「コラーッ!」

、野村沙知代みたいなオバハンにでも
怒鳴られた
日には

3日は寝込はず・・・、ウン



結局、門をあけてポストへ
投函しなきゃいけない家は

エリア内に
それほど多くないので

スルーする事に自分で決定
ま、これだけでもストレスはだいぶ軽減・・




●集合ポストって・・暗い●


さて、集合住宅の入り口で
ズラーっと横に並ぶポスト

よく見かけると思うけど

一戸建てのポストや
マンションドアの前にあるドアポストよりは

チラシ廃棄率は高くなるが
配布スピードは遥かに高くなる


っつーわけで

集合住宅(マンション・アパートなど)は集合ポストへ
投函する事に決定し、実際に配布すると・・・




集合ポスト横に
「チラシ・張り紙禁止」のシールが貼ってあったり
(ま、それでも入れましたが)

一部のポストからは
郵便物があふれていたり
(こんな場合は放火されることもあるらしい)

ポストに名前が書いてない・・・・?
(こちらで空き部屋と判断し、チラシは入れず)

なぜか投函口に
ガムテープが張られていたり・・
(どういうことなんだろう・・?訳分からん)

「この近辺で不審火が連続発生しております。
ゴミなどは・・・・・」
という張り紙がポスト横に貼ってあったり
(オイオイ・・まじかよ・・コエ~)

「不審な人を見かけたら御一報を・・。」
とまたまた怪しい張り紙
(まさか通報されてないよな、と周囲を見渡す私っていったい・・)

あとポスト横の壁に落書きがあったり
(すぐ消したほうがいいのに・・
壊れ窓理論でもっとひどくなると思う)


某ビル2階の踊り場にあった集合ポスト
その付近は猫のションベン臭くて最悪

以前2階はは学習塾だったようだが
人気はなく、錆びた空き缶も転がっていて、
まったく管理されていないような感じ・・

付近を照らす明かりも全くなしだ・・
(バイオハザードのロケ地か!)





集合ポスト周辺はなぜか昼間でも暗い・・
蛍光灯などの明かりが非常に少なめだ

まあ、天気が曇りだったということも
あるかもしれないけど



特に奄美本通りの某Mビルは

集合ポストがあるエントランスが
2階にあるのだけれど


そこはカビくさい匂いが漂い
薄汚れたコンクリートの壁に四方を囲まれている

何か変な圧迫間があるのは否めない

蛍光灯は弱々しく光り
小さな黒い虫が何匹か張り付いていた

さらに古く大きな姿見が
ポストと真向かいに飾ってある



ポストにチラシを入れる時の"コトン、コトン"
という音だけが周囲に響いていて・・・

ふいに後ろから


「ねえ・・・・。」


と、肩を叩かれたりしたら・・・
超ビビルするかもしれない・・

何か、自分で書いてて怖くなってきた・・


始めて行ったのだけれど
ホラー映画並みに怖い雰囲気だった・・・ふぅ





●通行人にも渡そうとしたが・・●


中央通りのじんのうち前で
タムロしているおばあちゃんにも
渡そうとしたが怖い顔で睨まれて断られた

初対面だしなあ・・
しょうがない

相手が警戒してたかなぁ・・


●事業所・店舗にも配布●


基本的に同業者は配布はしない
というか、配布しにくい・・

実際のところ
2回目以降拒否されそうだし・・

ということで同業者はスルー

で他の店舗には
必ず入り口で

「こんにちわ~(と、満面の笑顔で)。
今チラシを配布しておりますが、ご覧になりませんか?」

相手はいぶかしげに
私を見つめ

相手「何のチラシ?」
私「婦人服専門店です。」
相手「???」
私「良かったら見てくださいね~うふ♪」

と捨てセリフをかまして

勝手に入り口付近に
置いてさっさと次へ行く


まあ、でもほとんどの方は
気前良く受け取ってくれた

商店街近辺は
気さくでいい人ばかりだなぁ



以上、配布中の出来事を
思い出して書いてみました

読んだ方は
感想下さいね~♪




追伸:あと、結構穴場なのが
駐車場を管理されている方々

愛想よくチラシを渡すと
はいはい、と受け取ってくれる

が、今度は受け取ってくれるかいな・・
[PR]
by mori2006 | 2009-11-24 20:22

さっそくチラシを配布してきました!(準備編)

ということで
チラシを配布してきたぞ、と

非常に疲れたが・・
充実感はあったなあ

で、

まず、どんな準備をして配布したのか
これを発表


え~

前回述べた通り

エリア設定(ネットの地図で調べた)
は横断歩道がないエリア

つまり

車道や川、橋などで
人の自然な流れが
途絶えないエリア

ということでココに決定
点線で囲んだとこ

緑の矢印が店舗の位置
スタート&ゴール地点



f0116847_2143492.gif



んで服装は
清潔感重視したため普段の仕事着

右手には3つ折にしたB5のチラシ
それを入れたバッグ(チラシ350枚)を肩にかけ

左手のバインダーには
4種類自作の用紙

その自作用紙だけど
結構役に立ったなあ・・



1枚目の用紙
2度同じ場所に配布しないように
作ったポスティングルート地図

f0116847_2213047.gif




2枚目の用紙
配布した枚数と場所に
蛍光ペンで印をつける為の
ゼンリンの縮尺地図


f0116847_2253942.gif



3枚目の用紙
配布中気づいた点や
トラブル発生を書き込むためのメモ


f0116847_2261151.gif




4枚目の用紙
開始時刻と終了時刻
配布枚数と残った枚数、天候
反省ポイントなどを記述する


f0116847_2271095.gif


それらを持つと
こんな格好に



f0116847_21453758.jpg



配布途中雨が降ってきて
傘持ちながらの配布は

結構大変だったなあ・・・ふぅ



さて次は

配布中に起きた
出来事を述べたいと思う
[PR]
by mori2006 | 2009-11-23 22:18




ネット起業しました。一番、ツライのはとてつもない孤独感に襲われることと、結果がなかなか伴わないこと・・。時折、ウツっぽくなる事も・・。
by mori2006
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メモ帳
最新のトラックバック
燃え盛る生命
from 奄美でもできる。奄美だからこ..
STAY DREAM を..
from 奄美でもできる。奄美だからこ..
4月26日、OB勉強会を..
from 奄美でもできる。奄美だからこ..
手書きチラシのセミナーを..
from 奄美の商店街ブログ[奄美市 ..
素晴らしい人に変わるとい..
from 奄美でもできる。奄美だからこ..
成長の代償、そして思い悩..
from 奄美でもできる。奄美だからこ..
奄美市IT人材塾IT経営..
from 奄美市IT企業塾 公式ブログ
もう帰る場所はないと覚悟..
from All the Amami ..
もう帰る場所はないと覚悟..
from All the Amami ..
国民生活金融公庫
from 国民生活金融公庫
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧