以前の記事
2011年 10月
2011年 07月
2011年 06月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
カテゴリ
全体
悩むより行動!
絶対ネットで起業する!
知識が人生を救う!
未分類
お気に入りブログ
創作工房 さねんばな
奄美ICTブログ 前田守
奄美の風愛の風輝くブログ...
スピリチュアル・アイランド
おもしろい!あまみ
奇跡のセルライト除去で体...
奄美、眼鏡屋のおやじの釣り日記
奄美を着てみませんか?
奄美のおみやげ屋のみやげ話
ikezi.m
奄美のお月さま~ぶどう館...
奄美で感じる、アジア手作...
奄美の希少植物
カンキツの王様、奄美の‘...
奄美の社会保険労務士事務所
奄美イケル!@奄美市IT人材塾
日々仕事の本質は掴めているか
奄美大島発「零細企業の業...
頑固一徹、気は優しい、黒...
めぐみショップのブログ
IT経験者の独り言・・・...
satoyama
奄美での経営塾編
サッカーショップリベロ店...


<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

さああなたも、80:20の法則で人生を楽しく送っちゃいませんか?-その壱

と、何かマルチ商法の
香り漂うキャッチだが

この80:20の法則を使うと
人生に驚くような結果を生じさせるとのこと

「何それ、安いの?」

と、特売折込チラシを握って
近所のスーパーに向かおうと

ママチャリに乗りかけたあなたに
分かりやすく、かいつまんで言うと

(一体誰やねん・・・)

投入、原因、努力のわずかな部分が
産出、結果、報酬の大きな部分を
もたらすという法則なのである

例えば

ビジネス的には

売り上げの8割を占めているのは
2割の顧客であり、2割の商品である

社会的には

犯罪の8割は、全体の中の犯罪者の2割が占め
交通事故の8割を、全体の中の2割のドライバーが占め

離婚件数の8割を、2割の人たちが占め
(この人たちが結婚と離婚を繰り返しているため離婚率が実態以上に高い)

教育上の資格のの8割を、2割の人たちが占めている

家庭の中では

カーペットの擦り切れる部分はいつも決まっていて
擦り切れる場所の8割は、2割の場所に集中している

例を挙げれば
豊富にある

「またまた~、そんな事あるわきゃないっしょ。
寝言は寝て言わないとね。寝言を起きていったらただの変人じゃん。」

とスルドイ突っ込みを入れる
コンビニ前の女子高生のあなた

気持ちは分かるな~、うんうん、マジで
最初私もそうだったのである

「へ~。それで。」
と、鼻くそほじくりながら、読んでいたのは否定しない

しかし、まあ
読み勧めていくと驚くことばかりなのである

さて、この法則を発見した人は
約110年前の1897年

イタリアの経済学者
ヴィルフレード・パレートである

きっかけは、19世紀のイギリスにおける
所得と資産の分布を調査をしたことからであった

人口に占める比率と、所得・資産総額に占める比率との間に
一貫して数理的な関係があるという事実

さらに、時代を問わず、国を問わず、集めたデーターを調べた限り
この不均衡のパターンが、まさに数学的な正確さで繰り返し認められた事実

この2つの事実を発見したのである

時が流れ
多くの学者等によって

この80:20の法則(パレートの法則とも呼ばれる)は
さらに洗練されたものになり、

現在ではこの法則を使って
ビジネスに利用する統計等を作るのは、
なかば常識となっている


えーと、続きはまた・・
[PR]
by mori2006 | 2007-11-27 17:03

恐怖!接待超苦手なmori2006、しどろもどろトークで出村氏を怒らせた?の巻・かずみ編

え~

というわけで
チラシマスターの

出村 邦彦先生を
次のお店へご案内

そのお店は
居酒屋「かずみ」

カウンターも5席
座敷も六畳程度のこじんまりした
ところだけど

そこの女将さんはなんと
奄美大島の唄者(うたしゃ・方言で歌手の意)
では3本の指に入るであろう方なのである

時々
即興で唄をうたうこともあり

唄が始まると、地元の常連客が
カウンター横に置いてある三味線を
手に取り、ゆっくりと弾きだすのである

そこに流れている時間は
とても心地よく感じるはずだ

来客をもてなす料理は
地元の素材をふんだんに使った
昔懐かしい島料理

アツアツ出来立ての野菜を
ふーふーしながら口に入れると

島料理の懐かしい素朴な味が
口中にゆったりと広がっていく・・

やはりこの島料理には
まろやかで香り高い黒糖焼酎が一番合うかなあ


と、まあ
そんなお店の雰囲気なので
ついついお酒もすすみ

出村先生も顔が赤くなりつつ
会話も弾んで・・・

・・・いないことはないが・・、
ん~、どちらかというと

出村先生が
一方的に話している状態で

私も福井さんも緊張しながらも
ウンウンとうなずきながら、聞いているばかり

こちらからも話しかけないと
先生ばかり話させても悪いしなあ・・

ということで、
何か共通する話題がないか
いろいろ考えていると


出村「・・・とまあ、チラシというのは、相手を
口説き落とす様に、恋人を口説くように一生懸命
自分の思いを書くんだよ。」


おおっ、"口説く"というキーワードが出てきた
んじゃ、さっそくこれで話を振ろうかなっ、と


私「は~、なるほど。口説く感じなんですね。
もしかして、出村先生も女性を口説く時は熱いタイプだったりして?。(笑)」


と、言うと
ムッとした顔で


出村「・・・・・。じゃなくて口説くように書くっつう意味なんだよ。」


ガビーン!あたたーっ、下手こいた~っ!(小島やすおの顔がフッと浮かぶ)

やはりお酒の席とはいえ
初対面の方にこんな振り方はいけなかったか

気を悪くされたのかな・・
よし真面目な話題に即チェンジ!



私「え、え・・と、福井さんのお祖父さんが、
長年お野菜を作っていらしているということで・・。
何かブログに書いてあったような・・。」


出村「へ~。それってどんな感じなの?」


福井「実は・・・。」


ということで、話題が変わり
福井さんのお話で場の空気がちょびっと変わる

少しホッとする

まあ、
「KY」と言うよりは

私の場合
「KT」(空気作れない)ではないだろうか、と思ったり


そんなこんなで

果たして満足していただけたか
分からないが

出村先生とお酒を飲めただけでも
とても楽しく貴重な思い出となった


んで、もっと
初対面でも

緊張せずに、楽しく笑えて
下ネタも言えて、最後にはハグできるぐらい

対話術というべきか

自分自身
もっと勉強しなきゃとも思った
飲み会でもあった
[PR]
by mori2006 | 2007-11-19 14:49

恐怖!接待超苦手なmori2006、しどろもどろトークで出村氏を怒らせた?の巻・ピザリコ編

てなわけで
セミナー前日

出村先生を迎えて
接待をすることになった

う~、実は接待は大の苦手

さらに初対面の方と話を
するのがなんとも

年も違うし

こちらのギャグが
もしかしたら通じないかもしれないしな~
(実際そうなったけど)

で、居酒屋「かずみ」に行く前に
ピザリコに立ち寄ることになった

到着すると
さっそく調理場に入る

周囲をサッと見渡した後、
出村先生はおもむろに目の前にあった
○○産の○○酢を手に取る

出村「これってさ、ピザにも使ってるんでしょ。値段はいくら?
あと、フツーにこちらの地元の方が使ってんの?」

福井「え~と、これ300ml入りで1本¥3000なんですよ。
値段も値段なんで、余り皆さんフツーには使われてないと思います。」

出村先生、○○酢を手に取り
さっそく味見をする

辛いけど、深い味わいだね、
とのコメント

出村「すると、これってリッター1万?おいおい、それじゃ~ちょっとねえ・・。
フツーに使うってわけにもなあ・・。んじゃあ、この塩は?」

と、○○酢の横にあった、
○○産の海塩を手に取る

福井「これはこの1パックで350円です。
まあ、量は少ないですけど、いい塩には間違いないですよ。」

出村「これいいんじゃない!これ使おうよ!さっそく塩だけ使ってピザ作ってみてよ。」

福井「えー!塩だけでですか・・・・?」

と、とまいどいながら、
その手はすでに生地つくりを始めていたのである

さすがはピザ職人
前世がイタリアのピザ職人と確信する(オーラの泉かっ!)

で、私は、と言うと出村先生との
人間関係構築に懸命であった

心臓バクバクしながら
さっそく話しかけてみた

私「え~と、出村先生って、外国船のコックやっていたんですか?
すごいですよね。」(著書の著者紹介で載ってたので)

"そーなんだよ、いろんなヤツが船に乗ってて、
時には喧嘩もして、でも時には酒を酌み交わしたりして
なんか、すごく熱くて刺激的な時を過ごしていたよな~、うんうん。"

的なコメントがくるだろうと思い
よしよし、これで親近感度upかな、

ときたら、次は何を話そうか

"へ~、いろいろご苦労された時期があったんですね。
あ、もしかして外国の女性との間にも
いろいろご苦労があったりして?なーんちゃって!ウヒヒヒ!(笑)"

などと、いろいろ考えていたところ、
帰ってきたコメントが

「ん、見習いで。」

とのこと。

って、おーい!それで終わりかいっ!
話が続かんへんがな・・なんか、がっくし。

いかんいかん、
これじゃ関係構築できないし

と、まるで

浮気相手のメールが見つかった時のような
そんなあせっている私を尻目に

あっという間に新作「塩ピザ」が完成したのである、はやっ。

早速みんなで試食してみる
厨房にいた若い茶髪のお兄ちゃんにも食べさせてみた

生地の上にチーズ(もち、こだわりのヤツ)を載せ
その上に結晶の粗い海塩をパラパラっと載せるだけである

シンプルな作りだがなんと
意外とウマイ!というか、いい感じなのである。

なんかビールが欲しいな~的なコメントが出始め、
最後には、お酒と合うよねー、とみんなの意見がすんなり一致

もしかして
お酒を飲む人にピッタリなのでは、と思ったり

荒削りな結晶の大きい粒の海塩がカリコリッと歯ごたえを感じさせ
なおかつ、そのミネラルたっぷりのまろやかな味わいの海塩と
トロ~りトロけているこだわりのチーズとが、
絶妙なハーモニーを形作っていたのであった・・

と、新素材の発見から新作ピザの完成まで
わずか2、30分のことである

身近にある素朴な素材を使って
素敵な新商品を作ってしまうなんて

さすが、出村先生である・・・

で、
私はと言うと

次の居酒屋「かずみ」へ向かうのが
ちょっと憂鬱になってきたのであった


ん~、何、話そうか・・・

まあ、浮気ネタもなあ

"実は、浮気がバレテさ、家大変なんだよねぇ・・。分かる?"
って相談されたらヤダし・・(ってオイ!)

次は居酒屋「かずみ」編です・・
[PR]
by mori2006 | 2007-11-18 01:09

想いを込めた販促用チラシを作ると、なぜか浮気相手へのラブレターになるあなた、必見!その壱

そして

背後に殺気を感じ
はっ、と振り向くと

般若顔のワイフが
立っている

ワイフがチラシ作りを一部始終
後ろから覗き見していたらしい・・・。

「何かニヤついていると思ったら。」

ゆっくりと近づいてくる彼女の手には
布団たたきが握られていた・・・

キャー・・・・!

いやはや、
想像するだけでも

ビートキャンプに入隊しなくても
体重が落ちそうである
(隊長より怖いワイフっていったい・・・)


で、さっそく本題入りますね~


今回あるセミナーを受講した

そのセミナーの講師は、

な、なんとあの有名な
チラシマスターの

出村 邦彦氏なのである

販促チラシにおいては業界ピカイチの存在であり

我がジェダイマスターも尊敬してやまない
素晴らしい才能を持ってらっしゃる方なのである

お年は50ちょい過ぎだが
バイタリティあふれ、とても明るくきさくな方である

もちろん
大変多忙な方で

呼べば
すぐに来島されるということでもない

出村氏の来島、そしてセミナーの開催には
IT人材塾のピザリコさんが深く関わってくるのである



販促用のチラシに悩んでいた彼女は
日々悪戦苦闘しながら前にすすむべき何かを探していた

壁にぶち当たっては知恵というダイナマイトで
ことごとくそれを吹き飛ばしてきた彼女だが

さすがに、売れるチラシの作成ということで
相当悩んでいたらしい

そこにIT企業塾のOB勉強会が開かれ
情報交換を行っているうちに、

出村氏の著書「手書きチラシ作成術」
に出会ったのである

著書を拝読し、メルマガを読み、
直でメールを送り、出村氏とコンタクトを取ることに成功するのである

(つーか、彼女の行動力と努力はすごい・・、
前世はラテン系のイタリア人かな?ピザ屋さんだし・・)

以後、彼女と出村氏との火花散る熱い(売れるチラシ作成のための)メールの交換が
今日現在まで続いているのである・・・

ピザリコさんの
必死なメールを読んでいると

熱血漢で行動力バツグンの出村氏が
ジッとしているはずがないのである

PCのモニタージロリとにらみつけ、
ほおづえつきながら、人差し指で机をトントン叩いている・・

時折、椅子からサッと立ち上がり
部屋を何度も歩き回ったのち

「よっしゃ、奄美行こうか!」

と、想像することは
それほど難しくない


えー、以上が

出村 邦彦氏の
来島した簡単な経緯ですが、

っつーか、マジで来て頂けるとは
思わなかった・・・


で、次回は

「恐怖!接待超苦手なmori2006、
しどろもどろトークで出村氏を怒らせた?」の巻
です。

どうぞ、お楽しみに~。


追伸

えっと・・、

「ぶどう館」さん、「フルーツの里あまみ」さん、
良かったらコメント入れてくださいね~。\(^。^)/

「今日は、H度が低いわよ~。」
「寒いギャグなら、夏場にしてよ。」
「"出村 邦彦"を"出川 哲郎"って間違えて書いてたわよ。」

でも、なんでも結構ですので。
よろしくぅ~。
[PR]
by mori2006 | 2007-11-09 01:58

DMってダメでモトモトの略だったりして・・・・

さて、
秋物DMだが

なんとも
かんとも

現状は
今ひとつの感が否めない

ん~、
まだまだ修行が
足りないのかな

落ち込んだり愚痴を言う時間が
もったいないので

人材塾や企業塾の
テキストを読み返したり・・

まだまだ、
やることがたくさん


しかし

なんと言っても
大変なのが

自分のモチベーションを
上げ続けることかなあ

で、毎度同じく

これどーすか、と、上に提案しても
ふ~ん、で終わるし

これ、やりましょうか!と、スタッフに
言っても、あ~そうですか・・的な

と、されると
ぐぞ~となってしまう

それでも
自分を高めるべく

笑顔、笑顔、で
過ごすようにしているように
している
[PR]
by mori2006 | 2007-11-05 15:14




ネット起業しました。一番、ツライのはとてつもない孤独感に襲われることと、結果がなかなか伴わないこと・・。時折、ウツっぽくなる事も・・。
by mori2006
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
最新のトラックバック
燃え盛る生命
from 奄美でもできる。奄美だからこ..
STAY DREAM を..
from 奄美でもできる。奄美だからこ..
4月26日、OB勉強会を..
from 奄美でもできる。奄美だからこ..
手書きチラシのセミナーを..
from 奄美の商店街ブログ[奄美市 ..
素晴らしい人に変わるとい..
from 奄美でもできる。奄美だからこ..
成長の代償、そして思い悩..
from 奄美でもできる。奄美だからこ..
奄美市IT人材塾IT経営..
from 奄美市IT企業塾 公式ブログ
もう帰る場所はないと覚悟..
from All the Amami ..
もう帰る場所はないと覚悟..
from All the Amami ..
国民生活金融公庫
from 国民生活金融公庫
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧